広い図書館

資格について

重なる本とノート

nlpの資格と言っても様々な資格があります。
受講するセミナーによって学ぶことが出来る内容が変わるように、取得する資格によっても、今後活躍できる場は変わってきます。
ここでは、資格取得を目指すあなたのために、資格の種類を大きく3つ紹介します。

基本的な資格

nlpの資格の中でも、最も基本的となるのがnlpプラクティショナーという資格です。
nlpに関する知識は皆無といった人が、一番に取得しておきたい資格です。この資格は初級編ということで、だれでも楽しみながら資格取得を目指すことが出来ます。
コーチングやカウンセリングをする際に活かすことが出来ます。Nlpのプロフェッショナルを目指したいという人も、まずはここからスタートです。

上級者に向けて

nlpプラクティショナーという資格の次にレベルが高い資格で、「nlpマスタープラクティショナー」といいます。
レベルアップしているので、基礎が理解できていなければ意味がありません。セミナーを開催するプロになる場合に求められる資格となります。

トレーナー

最上級の資格は「nlpトレーナー」といいます。
nlpマスタープラクティショナーの資格を取得していることでトレーナーの資格も取得することが可能となります。ただ、トレーナー資格を取得するためには、最終的にアメリカへ行って審査を受ける必要があります。
手間もお金もかかりますが、プラクティショナーやマスタープラクティショナーにプロとしてセミナーを開催することが出来ます。